FC2ブログ

続☆シンナーによるドールヘッド縮小について。


最近ちょいちょい『シンナー縮小』について聞かれるんで。


s-DSCF0753-1.jpg

以前に行程自体は『シンナーによるドールヘッド縮小について。』という記事にて紹介済みなので割愛。







s-DSCF0757-1.jpg

で、補足説明的なコトを追記しておこうか、と。






s-DSCF0771-1.jpg

ラッカー薄め液(ペイント薄め液、ではない)に、1~3日浸ける。
この時に可塑剤と微量の顔料が溶け出す。 それが乾燥し抜けて縮まる(たぶん
浸ける容器は余裕の有るサイズに。 換気注意!






s-DSCF0784-1.jpg

乾燥時は周囲の火気に十分注意する事! 特に取り出し後の数日間は。
日向でも日陰でもおk。 気温が高い方が当然揮発する速度は速い。
乾燥機で90℃にて12時間だと劇的に。はえェw

縮小が収まってくるのは数週間後~半年。
臭いは微妙に残るが削らなければどーというコトは無い。
完璧に抜けるとカッチカチに。 切削作業は捗る。






s-DSCF0786-1.jpg

ヘッドの場合は1サイズ小さくなるイメージで。 (だいたいね、だいたい。
パラボだとモモマフィンやアンジェラSで、8mm4インチジャスト。

ちな『ヒカリ』は元が大きいので、ソコまでは小さくならん。
それと元ヘッドが硬いと控えめ、柔らかいと小さくなる傾向。
仮定の可塑剤の量に関係してくる、と思われ。






s-DSCF0788-1.jpg

DDさんだとウイッグ1サイズ、くらいかなぁ。
DDの標準サイズのハンドパーツを縮めると、オビツ50にちょうど良かったりする。

ソフビの柔軟性や透明感は当然失われる。
ただ現行『眞子』のヘッドが縮小後5年以上経過してて
尚且つ野撮や転倒にも耐えてる感じから、『眞子』は耐久性は有るっぽ。







s-DSCF0793-1.jpg


御約束ですが。 メーカー想定外の使用法になりますので
あくまでも実行は自己責任で。
質問は受けるが苦情は受け付けんぞ。










スポンサーサイト

この記事へのコメント

プロフィール

thieri

Author:thieri
写真を撮る事がちょっとだけ好きな
管理人の『thieri(てぃえり)』が
思う事などを書いていく日記です。
内容文は個人的主観成分過大ッス。
フィルム撮影も始めたけど・・・
やっぱデジタルの方が楽で好きかも

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム