FC2ブログ

指摘と訂正と修正。


前回の記事で『盲導犬』の事を書きました。
その内容についてナイショコメで意見を頂きました。



s-058_2014090422250226a.jpg

『盲導犬は感情を(声を)出さない様に訓練されている』そう自分は書きました。

それに対して、だと思うのですが
「盲導犬の理解に関してはちょっと思ってるのと違いがあるようですよ。」と。
参考報道記事のURLと一緒に、コメントを頂きました。

この記事です。(盲導犬に関する他ニュースサイトに飛びます)



s-037_20140904222500092.jpg

確かに「泣き声を我慢する訓練はしていない」ので誤解の無い様に。
そういう報道記事で、自分の書いた事とはちょっと違う様です。

自分は以前に『そういう訓練をしています』という話を聞いた事が有って。
その記憶を元に前回の記事を書いたのですが・・・

ただ結構前の事ですし、自分の覚え違いの可能性も有ります。
『従順で信頼している』のと『感情を殺している』では大きな違い、ですもんね。
正しくは『信頼関係に有る主人の為に職務に集中し人間を信じている』という事です。

誠に申し訳ありませんでした。
ここで認識を訂正させて頂くと同時に、関係各位へお詫びさせて頂きます。
(前回記事は追記で加筆、という形をとらせていただきます)



s-067_2014090422245939c.jpg

そして。
ご指摘ありがとうございます!


こうして『御意見』を頂けるのは、非常に嬉しい事だと思います。
「ああ~コイツ間違ってやがんの~」と見過ごせば終わり。
でも、ちゃんとこの方は参考URLも付けて指摘して下さったんです!



s-033_201409042224419c1.jpg

本人不在の場所で『批判』や『批評』は誰でも出来る簡単な事。
でも本人に向かって直接『間違いを指摘』する事はなかなか出来ないと思います。
自分も出来るか?と言われれば・・・う~・・・自信無いですね。

やっぱ波風立てたく無いし、スルーしちゃう事が多いと思う(へタレです
なのでとても感謝しています!!



s-026_20140904222445082.jpg

以前に『マタ半って写真に『拘ってる』くせに『髪ボッサボサ』だよなw』と。
掲示板のスレに書き込まれた事が有りまして(今はもうROMっても無いです
当時の過去画像を見返したら・・・確かにボッサボサだったという事が(爆死

そのケースは『本人不在の批評』なんですが・・・正直めちゃ参考になったんですよ。
自分では気にしていなかった事が、他人から見たら違ってた、こう見えてる。
まさに『目からウロコ』でしたよ~。

それから色んな事に気をつける様になって。
まぁまだまだなんだけど、自分の中で大きなターニングポイントになりました。



s-020_2014090422244361c.jpg

一部ツイッタやらスレやらで、叩かれるだけの事も多いマタ半だけどw

ちゃんと真摯な意見や指摘は、とても嬉しいし助かります。常時お待ちしています。
ダメ管理人ですが、今後ともヌルくユルくお願い致しますね。




刺したきゃ俺を刺せ!

先日、盲導犬の『オスカー』が何者かに刺されるという事件が。



s-002_20140901215722277.jpg

彼ら(彼女ら)盲導犬は、その与えられた仕事上、
『主人の目となる事が最優先で自分の感情を出さない』
そんな訓練をされて主人に寄り添い生きています。



s-011_201409012157237fb.jpg

たぶん犯人はそれを知った上での卑劣な犯行!

盲導犬は何をされても、反抗せず感情も出せない。
そして傍に居る主人は、相手も状況も『見る事』が出来ない。
それを承知の上での行為でしょう。

非常に憤りを感じると共に、悲しくもあります。



s-008_20140901215724739.jpg

なぜ、その様な犯罪行為が出来るのでしょう?
きっと犯人は五体満足な健常者でしょう?
イライラしてた?誰でも良かった?ちょっとした悪戯心?


ざけんじゃねぇぞっ!!



s-020_20140901215727363.jpg

お前も素っ裸で目隠しして口も塞いで。
どこか山ン中にでも放置してやろうか?
それでも『オスカー』の気持ちはわからねぇだろうな!

『オスカー』はそんな酷いめにあっても。
与えられた自分の主人の目という、自分の仕事は放り出さなかったんだよ!
どんなに痛かっただろうか・・・辛かっただろうか。声を出したかっただろうか!



s-023_201409012157268fd.jpg

盲導犬は。その仕事を全うする為に。
自分の感情を殺す様、厳しい訓練を受けて職についてます。
嬉しかったり悲しかったり。
そんな当たり前の事すら表に出せないのです。

その盲導犬をパートナーとする主人にとって。
盲導犬は『自分の目であり、命を預ける大事な相手』なのです。
家族とかでは無く。もうその人そのもの、と言って良いと。



s-024_20140901215737c1f.jpg

『逆らえない状態の弱者を一方的に傷付ける』
なんて卑劣で弱い人間なのだろう。

とても哀しい事です。



14.09.04追記
当記事本文内にて『盲導犬は感情を殺す訓練をしている』という表現をいたしましたが
「その様な訓練は実施していません」という御指摘を頂戴しました。
当方の事実誤認であり、関係各位に御迷惑をお掛けしました事を深くお詫びいたします。

記事本文に関しましては、今後の自分への戒めとして残させて頂きます。
御理解いただけましたら幸いです。
(詳細は次の記事に書いてあります)




≪PREV
プロフィール

thieri

Author:thieri
写真を撮る事がちょっとだけ好きな
管理人の『thieri(てぃえり)』が
思う事などを書いていく日記です。
内容文は個人的主観成分過大ッス。
フィルム撮影も始めたけど・・・
やっぱデジタルの方が楽で好きかも

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム