FC2ブログ

続☆シンナーによるドールヘッド縮小について。


最近ちょいちょい『シンナー縮小』について聞かれるんで。


s-DSCF0753-1.jpg

以前に行程自体は『シンナーによるドールヘッド縮小について。』という記事にて紹介済みなので割愛。







s-DSCF0757-1.jpg

で、補足説明的なコトを追記しておこうか、と。






s-DSCF0771-1.jpg

ラッカー薄め液(ペイント薄め液、ではない)に、1~3日浸ける。
この時に可塑剤と微量の顔料が溶け出す。 それが乾燥し抜けて縮まる(たぶん
浸ける容器は余裕の有るサイズに。 換気注意!






s-DSCF0784-1.jpg

乾燥時は周囲の火気に十分注意する事! 特に取り出し後の数日間は。
日向でも日陰でもおk。 気温が高い方が当然揮発する速度は速い。
乾燥機で90℃にて12時間だと劇的に。はえェw

縮小が収まってくるのは数週間後~半年。
臭いは微妙に残るが削らなければどーというコトは無い。
完璧に抜けるとカッチカチに。 切削作業は捗る。






s-DSCF0786-1.jpg

ヘッドの場合は1サイズ小さくなるイメージで。 (だいたいね、だいたい。
パラボだとモモマフィンやアンジェラSで、8mm4インチジャスト。

ちな『ヒカリ』は元が大きいので、ソコまでは小さくならん。
それと元ヘッドが硬いと控えめ、柔らかいと小さくなる傾向。
仮定の可塑剤の量に関係してくる、と思われ。






s-DSCF0788-1.jpg

DDさんだとウイッグ1サイズ、くらいかなぁ。
DDの標準サイズのハンドパーツを縮めると、オビツ50にちょうど良かったりする。

ソフビの柔軟性や透明感は当然失われる。
ただ現行『眞子』のヘッドが縮小後5年以上経過してて
尚且つ野撮や転倒にも耐えてる感じから、『眞子』は耐久性は有るっぽ。







s-DSCF0793-1.jpg


御約束ですが。 メーカー想定外の使用法になりますので
あくまでも実行は自己責任で。
質問は受けるが苦情は受け付けんぞ。










スポンサーサイト

オビツ11の素体可動域拡大改造ネタ!


物凄ぉ~く久し振りに『オビツ素体改造』ネタを投下。
今回は初の取り上げ、『オビツ11』素体ッス。

最近はオビツろいどとか、あまむす(スウィーツドール)とかの
11素体使用のドールも増えてますし。
勿論ウチの『まこちー』達、パラボックスさんのドールも、ね。多いよね。






s-P6242018-1.jpg

まぁ~まさか素体ネタに、『まこちー』達を使うワケは無いわな。
こういう仕事はコイツラ、『QP』にやっていただくわw

左の2号が完全素ノーマル。右の1号が改造後素体です。






s-P6242020-1.jpg

ウチの改造記事の基本は、『誰でも出来る&入手出来る部品での改造』です。
特殊な工具や売ってないモノや、入手困難なモノは使わないデス、はい。

今回も『削りのみ』です。ひたすら削る、削る、削るw
作業基準時間的には、1~2時間を目安に。

左の加工前素体の鉛筆入れて有るトコを削ります。
『干渉する角を落として、丸く仕上げる』と思って頂ければ。
仕上がり完成イメージが右の素体になります。







s-P6242021-1.jpg

ガリガリ削れ!削れば!削る時ッ! (三段活用
正直に言うと実は仕上げなくて、こんな感じの削りっぱでも何も問題無いっすw
服着せちゃって見えなくなるやん? 気にしなきゃこのままでおkっすよ。

まぁそれほど時間や手間がかかるワケじゃないんで。
バラしたついでに、パーティングラインやらも仕上げると。
何となく気持ちが入ってくっから、不思議なモンです。






s-P6242022-1.jpg

で、下半身の削りでココまで脚が上がる様に。
この後、腹部パーツの加工も紹介しますけど・・・とりあえずこのフトモモ加工だけでも!
後で出てきますが、実は座らせた時に効果バツグンです。






s-P6242027-1.jpg

腹部部品は胸部を前後に分割後、取り出して加工っす。
左から未加工→削り加工→仕上げ完成品の順です。
未加工でも動きますが、ひっかかって滑らかに動き辛いと思うので。

コレもエッジ部を落としてアール仕上げで。
仮組みしつつ、画像参考に確認しながらど~ぞ。







s-P6242028-1.jpg

フトモモ加工+腹部加工が終って、前屈状態での比較。
実際にココまで曲げる事は、そうそう無いんやねぇか?とは思うけど。

この加工の一番の目的は『座らせた時に後に倒れにくくなるぜェ!』って事!
特に長めのウイッグのコ、とか。 重たいねんどろヘッド、とか。 後に倒れません??
それが前に重心持ってけるんで、安定して座れる様になるって事ッス。

ぶっちゃけフトモモ加工だけでも、結構効果有るんで。是非試して頂ければ。







s-P6242029-1.jpg

可動範囲拡大は、マタ半では定番加工で。
その目的は範囲拡大と、自然な動きの為って感じッス。

後は自立させる時に、『オビツ50三分割』でも言った気がしますが・・・安定度アップします。
微妙な加重移動でバランス取れるんで、楽に立たせる事が可能になります。
ちょっと今までとは違うポーズでも、自立する様になるって感じっすね。






s-P6242032-1.jpg

腹部パーツがズレてますけど(笑
実際にはお洋服の下、なんスよね。 見えない。
まぁ・・・気にする人は最初っから素体加工とかしないよね、たぶん。削らないでしょ?

フトモモ内側削ってるんで、御覧の通り『脚が組め』ます。
画像無いッスけど、座らせた時に『脚が閉じれる』ので、『股開きません!』
コレ、割と重要なトコだと思うんスけどね? 気にならないッスか?







s-P6242033-1.jpg

削り加工じゃないっすけど、『首がクルクル回る件』の対策について。
ヘッドパーツの穴が回っちゃうのは、ヘアゴムや糸を巻いたり、メルト入れたりでおk。
で、素体側がクルクルしちゃうと、ヘッドの重みでアッチコチ向いちゃうので・・・

首軸ウケ部分に『うす~く木工用ボンドを塗布し乾かす』で。
実際の厚みは0.1~0.2mmで大丈夫。ビニール袋より薄くって感覚で。
厚く塗ると回らなくなって、最悪部品壊れちゃうからね、(ね!






s-P6242034-1.jpg

自分は『まこちー』が来た頃から、こういう加工してたんで2年半位かな?
その間、お会いした人には「こんな加工有りまっせ?」とお伝えして来ましたが。
「画像で説明プリーズ希望」とも言われてたんで、やっとこさ(笑

既に他で紹介されてっかも知れないし、今更感かも、ッスけどね~
まぁこんな方法も有るよ、って事で!


あ、加工は全て自己責任で怪我に気をつけてNE☆










シンナーによるドールヘッド縮小について。

現在の『眞子』のヘッドはPARABOX アリスヘッドを縮小した物です。
ドルショ会場でも「どうやるんですか?」と聞かれる事が多かったので
今回、自分の覚え書きという事も有り記事にまとめておきますね。


お約束ですが・・・
作業工程説明の為に素ヘッド状態画像が有ります!!
苦手な方は・・・あまりマタ半は見ないか(w





最初に用意(使用)したモノ。

s-meirin 003

今回のお試し用にオビツ50-02ヘッドを用意しました。

真ん中が漬ける為の容器。空き瓶リサイクル。
直径は外周で100mmくらいだった・・・と思います。
(既に一度使用してるので色がヘッドから落ちて濁っています)

で、肝心の『ラッカー薄め液』!!
自分は近所のホムセンで確保してきました。
半分くらい使ったと思います(足りないより多目に準備!



で、ブッこむっ!!

s-meirin 005

ココで注意点。

この画像ではヘッドが横になってますが・・・この後、立てました。なぜか?
物凄くデカく膨らむんですよ!!マジで!!
このビンの幅いっぱいまで大きくなるので!!

その時に変に矯正される「かも」しれないので
容器の大きさには余裕を持った方が幸せかもしれません。



どんくらいデカく膨らむか?というと・・・

s-meirin 006

コレくらい大きくなっちゃうんですよ!!
左が未加工デフォ状態で、右が取り出した直後です。
『レバ刺し』の様にプルプルフニャフニャですから破損に注意!!



横から見てみると・・・

s-meirin 009

今回は3日間漬けておきました。(アリスの時は2日間
色が若干ですがヌケますね・・・美白効果です(汗
ホワイティ肌がナチュラル肌に見えちゃうくらい白いです(主観です



で、数日放置プレイすると・・・・

s-meirin 022

並びが逆ですまぬ・・・右がデフォで左が縮小されたヘッド。
あれだけ大きく膨らんだモノが一気に縮まってます。
更に数週間放置すると、もう少し小さくなります。



s-meirin 024

現在数週間経過し『vmftype-H』より小さくなっています(汗
目標よりも小さくなっちゃいました・・・

漬ける時間や元々のPVCの厚み等で違いが出る様です。
薄い箇所は縮む傾向に有るようですので、削り加工は後まわしが良さそう。

柔軟性はかなり損なわれました。結構硬いですね(自分の環境下
加工派の自分は削り易くなるので好都合ですけどね。

あと・・・換気には注意してくださいね!!
ラリっちゃいますよ~もの凄く臭いですから!!
自分は会社でやったので問題無かったですが(w



s-meirin 017

お約束ですが、あくまで当方での実験結果です。
全ての環境やヘッドで同じ効果が現れる保障は一切ございません。
この記事を読んで実施される場合は、各個人の自己責任において行ってください。

また揮発する有機溶剤です。
火気や換気には細心の注意をはらってください。
貴方の健康や財産、未来を蝕む可能性が有ります。




この後に『シンナーはドコまで再利用可能か?』実験も実施しています。
何度も使用は出来るのか?は興味有るトコですよね?
ソレはまた今度記事にしようと思います。

オビツ50系素体を3分割化してみたっ!

久し振りの『オビツ素体改造』ネタ回ですよ。
そもそも『オビツ50素体の3分割化』とはなんぞや?
そう思われた方も多いんじゃないか、と思います。

実は以前から『眞子』の素体はそのテストベットだったりして。
イベント等でお会いの方にはお見せする機会が有りましたが
「見せてみぃやぁ~」と言う御希望がありましたので公開します。


真冬「ココから下は素体のみの画像が有りますので注意です!」

s-meirin 040

お約束らしいので(w
人形者にとっては何て事無いでしょうが
普通の人には見たくない事も有るでしょうし、ね。






s-meirin 022

左☆オビツ50系素体3分割ボディ(現時点での状態です。
右☆オビツ48相当品(部品寄せ集め

身長が現在ちょうど48と同じくらいになってます(偶然
腹部をオビツ60用『オナカ』を前後左右幅詰め。
臀部はパラボックス40用をカットと一部幅詰め。

デフォが『胸+下胴』なのを『胸+お腹+腰』の3パーツ化。
全体的なバランスを自分の理想に近付けつつ可動域を増やす方向に。



s-meirin 023

横から見てみた!の画。

上腕・下腕ともに5mm詰め。
太もも50用を15mm詰め、ひざ下は長さは50用と同じ。
ひざ下の軸位置を前に2mm動かし太もも→ヒザ→ふくらはぎへの流れを変更。

改造素体のオシリが小さいのが今の課題(汗
サッサと50用をカットすれば問題解決なんですけどね・・・



s-meirin 033

内部フレームの図。背骨パーツ(?)を改造してあります。
ココが一番お金かかっててセレブな部分(w

素のパーツを上下逆に真ん中をオビツ60フレームパーツで接続。
腰や胸部側にパラボックス40用内部フレームの真ん中部品x2を加工。
オビツ60用でも作ったけど・・・物凄く手間がかかるんよ。



s-meirin 035

曲げるとこんな感じに!
必要だったのは『腰のひねり』なの!
使い慣れたオビツ27ノーマルの使用感が欲しかったんです。


s-meirin 028

『腰が入って上体でバランスを取り、つま先まで体重がかかる』
目指したのはそんな感じ。まぁ外装がズレるのは仕方ないね・・・

武道でも仕事でも「腰にチカラ入れろ!」って言うじゃない?
バイクもスポーツも腰の位置や重心って大事じゃない?
実際ポージングが凄く楽になって自立し易くなったよ!



s-meirin 032

ヘッドパーツ乗ってないけど上2枚ともスタンド無しで自立。
デフォでも出来るけど、もっと楽になる感じかな。

オビツ50・48だけじゃなくてvmf50やアゾンAZO系、
パラボ40・45や新しい46・47系でも同様の加工は出来るよ。
ドルチェさんのオリっ子や『しょうこ・しょうた』ちゃんもオビツ素体だし!!


s-meirin 039

加工の難易度が有るので万人にはオススメし辛いんだけど。
金額的には5K位でパラボで部品入手出来るんだ。
オビツ純正部品に拘って誰でも入手出来る様に考えたつもりなんだけど・・・

トイスケあたりを使ってもイイかもなぁ~
金属フレームは難易度更にアップしちゃうし・・・
もっと簡単で安い方法で有ったら教えて!試してみたい!!



オマケで『コレはやっといた方がシアワセ!』な事。

s-meirin 027

『非公式ブログ』やmionnさんトコで以前話題になってた股間パーツの破損。
ようは『下胴体パーツが噛み込んで腰パーツを破損しちゃう』のが原因!!
デフォの穴がちいせぇんだよっ!って事で左くらいに広げちゃいましょう!!

アートナイフでもイイけどリューターが有れば一瞬で終了♪
安物でイイから買っとくと超便利!
ココまで広げても動作やプロポーションに影響は無いから!!


オビツ50系素体オーナー以外にはど~でもイイ話でゴメンね~
デフォでも出来のイイ素体だけど、手を少し加えればもっと良くなるよ~☆


オビツ50☆手首可動範囲拡大っ!

先日コメントから
「オビツ50素体の手首ってソッチには曲がらないんですが?」
そんな質問をされました(見てるかな?


眞子「ナイショコメだったけど・・・名無しさんだったぞw」

s-meirin 003

いや別に『匿名』でも何でもOKなんですけどね(w
むしろネタ提供して頂いて感謝してますよ~


眞子「マコはコレが普通だと思ってたから・・・」

s-meirin 013

自分でも最初期に加工してあったので気にしてませんでした(w
そう言われて・・・あっ改造してたんだっけ!と・・・


眞子「こういう事かな?曲がる方向って?」

s-meirin 004

たぶん手持ちのデフォ状態を確認すると
左手首が未加工方向で右が加工後の方向。
っていうか加工後はパーツによりますが、360度回る様になりますけどね。


眞子「では実際に加工してある状態を見てください。最初は手首側パーツから」

s-meirin 011

手前がノーマル状態。奥が加工後(長さが違うのは腕を短縮してるからです
単純に削るだけです(w
加工はコチラから進めた方がイイです。

デフォ状態だと抜くのも入れるのも難儀しました。
なので『少し細くする』イメージで削ります。
余り削り過ぎない様に注意して慎重に。(0.5~1.0mm

先を三角にしてあるのは今後『まわす』為。
それと『握り手(グーのパーツね)』がマジ入らなかったので。
ココは案外ザックリと適当にやった記憶が(w


眞子「続いて・・・ハンドパーツの加工です」

s-meirin 012

左手が未加工で右が改造済みになります。
コレも単純に削るだけなのよw
ハンドパーツを先に加工した手首パーツに合わせて広げてください!

見ての通りデフォだと見事な『オビツクォリティ』
型から脱型して湯口をナイフで切り落としただけの状態。
正直このままだとハンドパーツ交換も結構厳しい筈です。

オプションのハンドも同じく穴が小さくて入らなかったり(汗
なので交換し易くする為にも少し広げておくと吉かも。
アートナイフ等で慎重に広げる事をオススメします。

すり鉢状に削ると関節球体に馴染んで、ちょっと自然に見えるよ!


眞子「ハンドパーツを後にした理由はなんでかな?」

s-meirin 024

手首パーツに合わせて『抜けない程度』を狙う為!
広げ過ぎちゃうとポロッと取れ易くなっちゃうよ~(涙
一気にやらず少しずつ作業を進める事!!(すり合わせ作業だね

オプションハンドで『平手』は特に回りにくいんだけど・・・
ソフビだから暖めながらやれば動く場合も有るから!
絶対に無理にはやらない事!!


眞子「うまく・・・伝わったかなぁ・・・ケガに気をつけてね」

s-meirin 031

少しずつやれば難易度は低い、ハズ。
この『持ち手』と『デフォ手』は確実に回る様になると思うです。
加工後は微妙な向きに出来るので表情が増すと思います。

ただし!刃物等を使用する場合は安全に万全の注意を!
そして改造は必ず『自己責任』で!!
失敗したらオビツだから予備部品買えばオッケェー☆な気分で。


うまく説明出来てるかな?
ちなみに質問という名の『ネタ提供』は常時募集しています♪
応えられる範囲でしたらど~ぞ!!


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
NEXT≫
プロフィール

thieri

Author:thieri
ちょっと写真撮る事が好きな
管理人『thieri(てぃえり』が
思う事などを書いていく日記です。
内容文は個人的主観成分過大。
フィルムも始めたけど・・・
やっぱデジタルの方が楽です。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム